合宿と通学の違いとは

温泉合宿免許の場合は、ただ単に運転免許取得の為に参加するのではなく、観光や娯楽目的で、一人でも、友達同士誘って参加することも可能です。北は北海道から南は沖縄まで、日本全国の合宿免許の中から選択することができることも大きな魅力です。通学だと出会うことができない、全国各地から集まる仲間とも知り合いになることができますし、楽しい思い出を作ることもできます。

旅行気分でついでに免許もとることができる、そのような感覚で参加できる合宿免許は、年々人気が高まっており、卒業旅行に利用する学生も大勢います。観光だけではなく、温泉、アミューズメント施設、スキーリゾートやマリンリゾート、季節によっても楽しめるプランが沢山登場しています。

これから免許をとろうと考えている方は、合宿免許と通学免許、どちらが自分に適しているかを判断し、利用するようにしましょう。時間のない忙しい方は通学向きですし、時間に余裕があり、旅行とセットで行ってみたいという方は合宿免許に参加されると良いでしょう。費用面でも大きな差がありますので、運転免許といえば通学、と考えるのではなく、いろいろな選択肢があることを知っておくと良いと思います。ぜひ参考にしてください。

通学免許費用との比較

お金合宿免許と通学免許を比較するにあたって、まず大きく異なるのは費用の面でしょう。合宿免許の場合、20~30万程度の費用とされています。参加するプランによって大きく異なります、季節やグレードによっても大きく変動しますので、観光プラン、激安プラン、豪華プラン等、内容についてはよく確認するようにしましょう。対して、通学免許の場合、28~33万程度と見て良いでしょう。再受講となった場合、追加費用がかかってきますので、一回一回、しっかりと身につける必要があります。

合宿免許が通学免許に比べて安く設定できる理由として、期間についても先述したよvうに、効率のよい運営システムによって可能になります。通常、通学の場合は、予約が集中する時間帯や曜日があり、平日日中は比較的空いていて、指導員が余る状況もあります。当日のキャンセルも珍しくなく、毎日のスケジュールにバラつきが生じます。つまり、スケジュール管理が難しい為、その分料金が割高になってしまうという訳です。

合宿免許の場合は、教習所側の都合に生徒が合わせる形になりますので、参加後のキャンセルもなく、入校と卒業を繰り返し、無駄のない運営によって利益をしっかり生み出すことができるようになっています。

合宿免許と通学免許

運転運転免許を取得したら、自分の車を持ちたい、そう思う方も少なくないでしょう。しかしながら、現実問題、免許取得にも安くない費用がかかりますので、できるだけ安い費用で免許を取得したいと考えるのは当然のことです。免許取得を検討する際、まず家や職場、学校近くの教習所へ通学する方法を思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、他にも、合宿免許を利用する方法があります。

合宿免許と通学免許の違いとは何かご存知でしょうか。おそらく、合宿免許は安いというイメージがあると思いますが、実際明確にどう異なるのか、費用やかかる期間、特徴等についてきちんと理解した上で、ご自分に合った方法で取得されることをお勧めします。その為にも合宿免許と通学免許を比較してみるとより分かりやすくなります。

合宿と通学の大きな差の一つに、取得までにかかる期間があります。合宿では、普通免許取得にかかる期間は約2週間となっており、通学では、早い人で1ヶ月、通常2~3ヶ月かかると言われています。合宿の場合は予め決められたスケジュールに沿って入校し、卒業しますので、ほとんど変更もキャンセルもなく行われる為、効率良く短期間での卒業が可能になります。ただし、合宿の場合はまとまった休みが必要になりますので、仕事で忙しい方には不向きな方法と言えるでしょう。また、合宿免許と通学免許の大きな違いに、参加費用があります。ここでは、費用の差について比較してみたいと思います。